xnconvert
非常に多くのフォーマットに対応した画像変換&処理ソフト「XnConvert」です。
「XnConvert」 は、多形式に対応した画像変換&処理ソフトです。 
多形式に対応した画像ビューア 「XnView MP」 から “ 一括変換機能 ” を独立させた画像変換ソフトで、
「XnView MP」 と同じく、とにかく多くのフォーマットに対応しているところが最大の特徴。

(実に、500 種類以上の画像を変換できるようです)


変換の際には様々な処理を実行することもでき、たとえば
・リサイズ
・回転
・反転
・文字入れ
・ウォーターマーク合成
・色調補正
・明るさ補正
・ぼかし / シャープ / ノイズ除去 / モザイク などのフィルタ付加
 等々の作業を同時に行えるようになっています。


そのほか、EXIF 情報を元にファイルをリネームする機能等も付いていたりします。


導入方法

1. XnConvert.zipをダウンロードして解凍します。

自分のOSにあったものをダウンロードしてください。


2. 解凍後、xnconvert.exeを起動します。


3. 日本語以外の言語になっていた場合は、タブのaboutからLanguageで日本語を選択後、  xnconvertを再起動します。


キャプチャ


4. 変換したい画像ファイルを、ドラッグ&ドロップして追加します。
 画面下部にある 「フォルダの追加」 ボタンから、フォルダ内の画像をまとめて読み込むことも できます。


キャプチャ


5. 「動作」 タブを開きます。 
フォーマット変換を行いたいだけの場合は、「動作」 タブでの操作は必要ありません。
そのまま 「出力」 タブ を開いて下さい。


6. 左上のキャプチャボタンをクリックし、実行する処理を選択します。 
実行できる処理には、以下のようなものがあります。


・テキスト合成 - 画像 → 「テキスト」
・トリミング - 画像 → 「トリミング」
・マスク合成 - 画像 → 「マスク」
・メタデータを消去 - 画像 → 「メタデータをクリア」
・リサイズ - 画像 → 「リサイズ」
・口径食効果を付加 - 画像 → 「口径食」
・任意角度に回転 - 画像 → 「回転」
・色の置換 - 画像 → 「色の置換」
・減色 - 画像 → 「色深度を変更」
・ウォーターマーク合成 - 画像 → 「透かし」
・上下左右反転 - 画像 → 「鏡像」
・カラーバランス調整 - マップ → 「カラーバランス」
・セピア化 - マップ → 「セピア」
・ソラリゼーション - マップ → 「ソラリゼーション」
・ネガポジ反転 - マップ → 「ネガポジ反転」
・ポスタリゼーション - マップ → 「ポスタリゼーション」
・明るさ調整 - マップ → 「画像修整」
・色調補正 - マップ → 「色合い / 明るさ / 彩度」
・ぼかし - フィルタ → 「ぼかし」
・シャープ - フィルタ → 「シャープ」
・ソフト - フィルタ → 「ソフトぼかし」
・ノイズ除去 - フィルタ → 「ノイズ除去」
・ピント強調 - フィルタ → 「ピント強調」
・3D 枠効果付加 - その他 → 「3D 枠線」
・インターレース除去 - その他 → 「インターレース除去」
・スライス - その他 → 「スライス」
・モザイク - その他 → 「モザイク」
・古い写真化 - その他 → 「古いカメラ」
・枠追加 - その他 → 「枠線」
・油絵化 - その他 → 「油絵」
・渦巻き - その他 → 「渦巻き」
・レンズ効果 - その他 → 「球面レンズ」


6. 処理内容を選択すると、該当のものが左側のリストに追加されます。 
また、中央の領域に、該当機能に関するパラメータが表示されるので、適宜値を調整して
おきます。

 

キャプチャ


7. 追加した処理は、上から順に適用されていきます。 
適用の順番を調整したい場合は、目的の処理ボタンをドラッグ&ドロップで再配置します。


出力設定

8. 「出力」 タブを開きます。


9. 上部にある 「Destination」 欄で、ファイルの出力先フォルダを設定します。 
「元のフォルダ」 を選択すると、ファイルは元のファイルと同じフォルダ内に出力されます。
「フォルダ」 にチェックを入れ、右端にある ボタンをクリックすると、任意のフォルダ内に
出力させることができます。


キャプチャ


10. 右側にある 「形式」 欄で、変換先のフォーマットを選択します。 
( 「元画像と同じ」 を選択すると、そのままのフォーマットで出力することができる)
必要であれば、すぐ下にある 「設定」 ボタンをクリックし、ファイルの品質 / 圧縮率 等を設定して
おきます。


キャプチャ


11. 必要であれば、左の 「ファイル名」 欄で、出力ファイルの名前を定義しておくこともできます。
(空欄だと、ファイル名の変更は行われない)


12. 画面下部の欄で、
・出力先に、同名のファイルが存在する場合の動作
・オリジナルのタイムスタンプを保つかどうか
・メタデータやカラープロファイルを保持するかどうか
・元の画像を削除するかどうか
・複数ページで構成されているファイルを、どのようにして扱うか
といったオプションを設定しておきます。


キャプチャ
13. 最後に、右下の 「変換」 ボタンをクリックすればOK。 
一括変換が実行されます。


キャプチャ

このソフトの利点は

・対応拡張子が多いこと

・インストールが不要

・一気に変換が可能

ということですね。


案外軽い動作なのですごい便利です。