126268-1-1
Wiiの後継機が、コントローラーにタッチパネルを搭載するようです。

任天堂は2012年半ばにも発売する据え置き型ゲーム機の「Wii」後継機で、タッチパネルを搭載した新型コントローラーを採用する。タブレット端末のような操作でゲームを楽しめるほか、携帯型ゲーム機としても遊べるようにする。06年に発売したWiiはブームが一巡。利便性を高めた後継機の投入で巻き返しを図る。


新型コントローラーは、画面サイズが約6インチのタッチパネルを搭載。コントローラーには2次電池も内蔵しており、テレビが使えない状況では、コントローラーを携帯型ゲーム機のように利用することができる。据え置き型として使う場合は、例えば画面を指先でなぞってテレビ画面上のキャラクターを動かすようにする。


コントローラーにはカメラ機能も搭載。撮影した人物の特徴を反映した分身をゲーム内に登場させるなどの遊び方も盛り込むとみられる。


現行のWiiの累計販売台数は世界で8600万台に達したが、足元では苦戦が続く。人気ソフト不足と、低価格で気軽に遊べる交流サイト(SNS)やスマートフォン(高機能携帯電話)、タブレット端末などを通じたゲーム市場の拡大が背景。


wiiの10年度の世界販売は前年度比27%減の1508万台にとどまった。任天堂は新型Wiiを携帯型としても利用できるゲーム機にして、ユーザー層を広げる。


ProjectCafe


日本経済新聞より


なんで日本経済新聞がこの記事を報道しているのでしょうか?w