a302d237

UMDの吸い出しやISO/CSO相互変換にパッチができる「ISO_TOOL Ver1.975」がリリースされました。

更新内容

[BUG](fake_np変換) 元ファイルのISOサイズ取得に失敗していたのを修正
[BUG](fake_np変換) 元ファイルと対象ファイルのISOサイズに差がありすぎるとフリーズしていたのを修正
[NEW](fake_np変換) ダミーブロックは1つで問題ないことがわかったので、複数作らないように修正
[NEW](fake_np変換) fake_np用データ変換をメニューに再度追加
./data/fake_np/以下にUMDタイトルのフォルダが作成されます
[NEW](fake_np変換) fake_np変換にNP.PBPでは無く、上記メニューで作成したデータを利用するように変更
変換時に元データフォルダを指定する様に変更


導入方法
1. IsoTool v1.975 をダウンロードして解凍します。

2. 解凍後、PSPフォルダをms0(ef0):/フォルダにコピーします。

ファイル配置図
ms0(ef0):/ 
 L PSP
   L GAME
     L iso tool

使用方法

1. XMBから起動します。


pic_0001


操作方法

U/Dキー ファイル/項目の選択
L/Rキー ディレクトリの移動
○/×ボタン 通常メニューの表示/選択
×/○ボタン キャンセル・ISO/CSO変換の中止
△ボタン システムメニューの表示
※○/×ボタンはPSPの設定に追従します


UMDメニュー


pic_0004
pic_0003pic_0005

CSO変換ができますが、一番小さくするならレベル9、大きくてもいいならレベル1、私的に一番安定しているところはレベル5です。


CSO圧縮レベルを9にすると、少々読み込みが遅くなったり、画像がおかしくなったりすることがあります。